都政への挑戦

仕事がない。お金がない。生活が苦しい。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、
今、たくさんの人が生きる希望を失っています。
弁護士の仕事をする中で、昨年から、破産や離婚など貧困に直結する相談が急増しました。
また、特に若い女性からは「家に居場所がない。学校にも行けない。死にたい。」
といった深刻な相談が増えている、そう実感しています。

貧困や格差が広がり、今、こうした苦しみを抱えた人たちがたくさんいます。
しかし、これは彼らの選択の結果なのでしょうか。私はそうは思いません。

私自身、14歳の時いじめから不登校になり、中学校卒業後、自立しようと様々な職種を
経験して参りました。飲食店、クリーニングの配送、4トントラックの運転手も経験しました。
しかし、どんなに働いても生活は苦しく、現状を変えるのが難しい現実がありました。
「このままでは死んでしまう。」と思いました。周りを見ても、
意欲も能力もあるのに社会で活躍できない、普通に生活することが難しい人たちがたくさんいました。
私は、弱い立場の人の権利や自由を実現するため、一念発起して、夜間大学に進学し、
弁護士資格を取得しました。一旦、社会が決めた「普通」から外れると
元の道に戻ることが難しい、これは社会の問題であり、政治の課題です。

東京都では、時短要請や給付金などの施策が行われ、東京都の政策が、そのまま私達の生活に
直接に影響するようになっています。だから、今こそ、東京都において、本当に必要な支援は何か、
本当に必要な社会の仕組みや制度はどうあるべきかを考え、実践して参りたい。
苦しんでいる人が増えている今こそ、立ち上がり、小さな声をあげていかなければならない。
私は弱者の代表です。そう確信し、都政へと挑戦する決意です。

いのちを守る東京へ!誰も取り残さない東京へ!


2021年4月 五十嵐えり